2019年7月22日

Blade nano S2 飛ばしてみて


その後、ほとんど飛ばす機会が無い中で、庭でもなんとか遊べるnano cpxとnano S2だけを少し遊んでいます。

nano S2の特徴は、なんといっても安定性。nano cpxより明らかに機体の保持力が上がっています。他の人のレビューを見る限りnano cpsの時からかもしれません。スティックを離した姿勢でぴたっと止まって、数秒はそのままの傾きを維持するのでヘタでさえなければ非常に狭い範囲で飛ばせそうです。下手なのでこの広い庭でなんとかぎりぎりですが。

他に嬉しくない特徴は

  • スロットル弱が無くて、いきなり30%くらいで回りだす
  • 6軸モードで離陸するときに、即座にスパンと空中に上げないと、地上で学習した水平のせいで左にスパーンと飛んでいく。再学習に数秒かかるのでとても気持ち悪い。
  • いっそ常に3軸モードで飛ばしたいのですが、3軸モードにするとスロットル指令を無視して常にモーター100%になるので、離陸時の動作と相性が悪い

常にモーター100%って、V977の再来かよって感じですが、ヘリの素性があまりにも良くてモーター100%でうっかり墜落してもあまり壊れないのでなんとかあまり不便なく使えてはいます。安定性の良さを考えるとnano cpxに無理して戻るほどではありません。


6軸モードと、新導入のZスタビライズモードはどちらもまったく不要です。経験者には不要であっても初めてヘリをやる初心者のための機能のはずですが、離陸時に左に吹っ飛ぶのを加味すると初心者にもいまいちな気がする。安いV911の方がずっと優しいです。

パニックリカバリは、地上1mで飛ばしている限り使える機会は無いでしょう。そんな暇があったらスロットルホールドです!

2019年6月9日

新型機導入 Blade nano S2

お気に入りのnano CPXメイン基板がついに壊れたので、あきらめてnano S2を買ってみました。(その後、実ははんだ付けミスで動かなかっただけで壊れていなかったことが判明)
登場直後にエアクラフトさんとフライトデザインさんで扱っていたので運よく購入できた方もいたようですが、しばらく前から長期欠品中なので、しかたなくいつものAMain hobbiesから送料$30払って購入しました。

基本的にはメカ的には9割nano CPXコンパチで、メイン基板関係の違いだけです。色はnano CPXの黄色の方が好きだなあ。

サーボのワイヤが太くなっています。またメインモーターのコネクタがバッテリーコネクタと似たような2ピンコネクタになりました。

そして最大の相違点は、メイン基板が丁寧にラバー3点マウントされ、固定ネジが1本だけになったことです。

といっても、ラバー3点のうち2点は、元々あるキャノピー固定ピンに横からラバーを差し込むようになっていて、ネジ穴含めnano CPXフレームとの完全互換は維持されています。

ただし下の写真でよく見ると、基板固定ネジ穴の部分に、ラバー受けのリブが増えているので金型自体は変更したようです。さらによく見ると、今回基板固定を担うことになった前側2本のキャノピー固定ピンも少しリブが大型化されて折れにくくなっています。
nano CPXに対する重量増はラバーのぶんと、太くなった配線のぶんだと思われます。

ためしにnano CPXと比較フライトして…みたかったのですが、ウデがなまりすぎてテストになりません(泣)

比較用にCPXもいちおう…

印象としては、nano CPXよりもカッチリ感というか、サイクリックを離すとその角度でぴたっと止まるようになりました。nano CPXは若干ゆらっと行き過ぎてすぐ戻ってくる感じなので、nano S2の方がだいぶサイクリックのPゲインが上がっている(上げてもブルブルしなくなった)と言えそうです。

2019年5月9日

久々にV911など整備

ガラクタ旧型ヘリのパーツを整理していると、V911系の機体も結構買い集めたのに大半が改造途中で残骸状態になっているのがかさばっています。
捨てる気もしないけど、せめて飛ぶ機体だけは整理しておくか、と思ってV911を2体選んで純正パーツ類を組み付けて飛ぶ状態に復帰。

そのうち1機は2番目に買った黄色キャノピーの機体で、旧型バッテリーと金属メインシャフトのちょっと重いけど丈夫なやつです。5年以上放置されてた旧型バッテリーで5分~9分は飛ぶのでV911系は本当に傑作機ですね。

いつ買ったのか不明なEskyのシュワイザーキャノピーを着けるとあらいい感じ。電飾もしてある機体なのでスケールっぽいキャノピーがよく似合います。

実機も骨とう品みたいな形なのに未だに練習機として現役という名作機ですから、実にいい組み合わせなのかもしれませんなぁ。


2019年5月8日

K110のスワッシュ出力アーム

K110をだいぶ前に買ったものの、飛ばしているとなんとなーくゆらゆらする感があって苦手でした。
具体的にはどの状態からでも、1秒くらいでゆらーんと違う機体の傾きになってしまうかんじ…

nanoCPXとかは常時そうなんですが、あれは軽いが故にどの傾きでもしばらく横にふっとんで行かないので目で見て修正する練習になるので許せる。K110はそこまで軽いわけではないので、常にハラハラしながら修正を入れなきゃいけなくてなんとなく気持ちよくない気がしていました。

普通ならブレードを重くするとそこそこ自立安定度が増えてゆっくり感が出るんですが、どうもK110はそうでも無いので苦手意識がありました。

そんなある日、スワッシュを見ているとそういえば出力アームのボールが4つあって、長短2種類から選べることを思い出しました。(元になったV977やらsoloproからの伝統だと思います)
出荷状態では短い方のアームが使われていて、すなわちクイックではない側なので初心者向けってことなのかなぁ、と最初は思ったんですが…

よく考えると、出力アームが長ければ、同じサーボ移動量でもより大きくブレードのピッチが変化するわけで、ジャイロのPIDゲインを全部増やすのと同じ効果があるはずです。(その上で送信機側でDRを下げてやれば別にクイックになることもなく単純にジャイロゲインが増える)

早速やってみると、体感では確実に安定度が増した気がする!
風が弱ければほとんどどの状態でも、3秒くらい同じ傾きを維持できるようになった気がします。

変更前(短いアーム)

変更後(長いアーム)


ジャイロゲインのいじれないK110でこれは重要なポイントである気がします。特に私のように出荷状態が短いアームだった人は付け替えた方がよいと思います。
(調べてみたらtigerさんの過去記事に長いアームを使えという言及はありました)

2018年12月31日

XK K130プレオーダー中

banggoodにXK-K130なる新作が登場しています。

130という型番から130Xのようなふんわりゆっくりを期待してしまいますが、スペックを見ると重量こそ130Xに近いものの、テールモーターがブラシでローターも小さめ、2Sバッテリーが600mAhもあり重量のかなりの部分を占める、といった違いがあり、ちょっとサイズの大きくなったK120のような印象も受けます。
サーボの配置がrex150タイプになったのと、ローターヘッド周りがメタルになっているのが大きな特徴でしょうか。テールのコアレスモーターは1020とあるので直径10mmだと思います。それなりに大型化されてはいますね。

フライト動画を見る限り、130XぽいゆったりフライトというよりはちょこまかK120っぽい気がするので、プレオーダーに飛びつくことはせず様子見します…

130Xオーナーの方でこれ買った人がいたら感想教えてください。

2018年6月17日

K110初フライト

まあ、何年も前に発売されたヘリの初フライトなので特に書くほどのことも無いですけど…
ロックソリッド感はなくて、傾き始めると勝手にぐらっと流れていく感じで、対面ホバすらおぼつかない今の私にはやや飛ばし辛いです。


燃費は部屋ホバで10分飛ぶだけあって、キャノピー付きのマイルド3Dでも、6分越えてまだ回転数を保っていて疲れて下ろしたくらいです。ほどよい不安定さも含めて、初心者の実機練習には良さそうです。


数回フリップしただけのへたれムービー。両側川ポチャのプレッシャーであまり高く上げたくないのに、背の高い草が意外に邪魔…

2018年6月10日

数年ぶりのマイクロヘリ購入 (XK K110)

S-FHSS環境もそろったところで、純正の送信機も欲しいということでK110を買ってみました。かなり前に出たWLtoysのV977とハードウェア的にはほぼ同じで、送受信機をS-FHSS互換かつ、V977最大の欠点であったピッチ制御信号が独立していないという問題を解決した機体です。


今回買ったのはBNFですが、RTFだとかなりしっかりしたX6送信機がおまけで付いてきます。WLtoysの見掛け倒しと違って複数モデルプログラム可能な良いものみたいです。もちろんdevo7eのコスパには負けると思いますが、今となってはwalkera製品はいつまで手に入るかわかりませんしね…

まだお外で飛ばせていないので部屋ホバのみですが、V977同様にゆらゆら自発的不安定さがあって、あまり好みではありません。まあ上手な人が飛ばすとかなり自在に飛べているようなので練習あるのみかも。

標準バッテリーが大きいこともあり、キャノピーなしの部屋ホバはフライト時間10分に到達しました。それほど軽量化を極めたモデルではないので、これはほんとにお見事です。ブラシレスモーターのパワー選定と機体重量の設定が絶妙にうまくいっていると思います。
フライト時間ほぼ10分!
サーボはホビキンのHK5330と同じ形に見えます。差し替えて使っている人も多数いますので、コネクタも含めおそらく完全コンパチだと思います。

他に特徴としては、テールモーターが7mmのうえにquadなんかで使われるロングタイプの大型のものです。そのわりにテールローターは小さめなのでちょっとアンバランス。テール負けを避けるためかテールブームも異様に長いです。

メインローターはSuperCP/miniCPとかと同じくらいの薄型軽量タイプなので、電子制御、パワー系を全てK110のもので、機体だけminiCPにすると軽量コンパクトでカッコ良い機体になりそうです。スワッシュの出力軸長さはK110タイプにしないといけないと思いますが。

3D性能を追求していくとテールブームを延ばす羽目になって結局K110のままでいいじゃん、てことになりそうですが…。まあ、性能路線では2S機のK120があり、最後発だけあってREX150に迫る機動性を持ってそうなのでリハビリが進んだらそっちも入手してみたいです。

2018年6月6日

deviation 5.0にアップデート

XKの機体を買ったので、S-FHSSのプロポを用意しないといけません。
ハイテックで技適品も入手できる純正トランスミッターも良さそうですが、まあ最初は慣れたdevo7eで試してみたい。。。

と自分に言い訳しつつCC2500モジュールのために devo用の 4 in 1モジュール をポチってしまいました。もともとHiSKYとFlyskyのモジュールは持っているのでCC2500単品でも良かったんですけど、オールインワンをどう実現しているか気になったので。

で、買った後で知ったのですが、devo10なら差し替え+αで使えるこのモジュール、devo7eで使うにはかなり大変でした。具体的には純正モジュール撤去、CPUから余っているIPピンを引き出す、といったはんだ付け面の難易度が高いです。
元のモジュールを撤去したとこ。案の定ランドを
2か所剥がしてしまい復旧が大変でした。

大中の説明はFlex RCに丁寧な記事があるのでそれを参照しました。そこからリンクされてるHappyHarryさんの写真も参考になります。各モジュールのCS線について、説明写真に写っている信号線の色と、図で示されているピン接続指示が正確に一致していないようにも見えますが、数字で示されてるピン接続指示のみを信じて作業するのが正解でした。

なんとかうまくいって、4モジュールを意識せず使えるようになりました。アンテナ線は元のdevo7eモジュールについていたものを流用し、外付けアンテナは付けていません。


ここでやっとdeviation5.0にアップデートするわけですが、うっかり古い設定データを全部消してしまい、各機体のバインドから全てやり直しています。そこで気づいたのですが、うちのdevo7eはmode1品をmode2にして使っているせいか、2個中2個とも、スタンダードミキサで使うとどうもエルロンとエレベータ(右スティックの上下と左右)が入れ替わった状態になってしまいます。
advancedミキサにすればチャンネルマップは自由に割り振れるのでどうとでもなるのですが、特にマニアックな設定をしないですむ機体はスタンダードにしておく方が飛ばしながらの設定微調整がやりやすいので、できればスタンダードミキサを使いたいです。

よく調べてみると、スタンダードミキサは設定ファイルとしてはadvancedと同じだけの情報量を持っていて、チャンネルマップ等はテンプレートに書かれているものが固定的に使われるだけなので、GUI上からは直せませんがテンプレートでエルロンとエレベータを入れ替えておけば対処可能なことがわかりました。

具体的には、devoをUSBストレージにして書き込む設定ファイル群のtemplate/heli_std.iniファイル内で、92行目から始まるバーチャルチャンネル1と2の設定で、AILとELEを入れ替えればOKです。
[virtchan1]
template=expo_dr
[mixer]
src=ELE  ←AILに変更
dest=Virt1
curvetype=expo
points=0,0
[mixer]
src=ELE  ←AILに変更
dest=Virt1
switch=FMODE1
curvetype=expo
points=0,0
[mixer]
src=ELE  ←AILに変更
dest=Virt1
switch=FMODE2
curvetype=expo
points=0,0

[virtchan2]
template=expo_dr
[mixer]
src=AIL  ←ELEに変更
dest=Virt2
curvetype=expo
points=0,0
[mixer]
src=AIL  ←ELEに変更
dest=Virt2
switch=FMODE1
curvetype=expo
points=0,0
[mixer]
src=AIL  ←ELEに変更
dest=Virt2
switch=FMODE2
curvetype=expo
points=0,0
だいぶ前に作った設定ファイルではスタンダードGUIで問題なく使えてたので、そもそも昔は初期設定で上の修正後と同じようになっていた気がするんだけどなあ…

まあ、やや汚くなっていた設定ファイル群もシンプルに作りなおせたので、飛ばしながらトラベルアジャストをいじるだけで設定変更ができて楽になりました。

2018年6月5日

いちおう生きてます

ほぼ3年ぶりの投稿です。すっかりblogspotのUIも変わりましたが、消されずに残っていただけでもありがたいです。

転職と引っ越しですっかり疲れ果て、半年に1回くらいのペースでリハビリに飛ばしている程度です。といっても今住んでいる付近には貝塚飛行場みたいないい場所は無くて、近所の川と用水路の分離帯みたいな草地で飛ばすしかないので、前後どちらに落としても川ポチャという落ち着かない環境です。腕も落ちまくりで背面8の字なんてもうできません…。

D3200を買ったのでカメラの性能だけは上がりました
相変わらず快調130X
機体の改造も全くやっていなくて、手持ちの機体は相変わらずnanoCPX, FBL100, 130X, nanoWii機といったところです。
新機体の導入も3年間なかったんですが、先日数年遅れでXK-K110を注文してみました。が、フタバ送信機を持っていないのでdeviationモジュールの準備ができるまで実家に放置してあります。


転職してからは余裕がなくなっただけで特にいいニュースは無かったのですが、つい最近やっと2つほどいいニュースがありました。

一つは仕事でサンノゼ出張があり、初のアメリカを楽しんできました。飛行物体はあまり見かけませんでしたが、電動スケボー(Boosterボードと書いてあった)で人込みを移動するお兄ちゃんがいたりして楽しそうでした。
サンフランシスコで入ったドーナツやさん
もう一つは、仕事で同じチームの別プロジェクトの人がドローンを飛ばす案件があるそうで、基本的にはドローンメーカーとタイアップでやるらしいのですが、思うように進まないのでチーム内で手っ取り早く一機組めないかという話が来ています。何かアイディアを出せばやらせてもらえそうです。
基本的には農業用ドローンのキットを買えば済みそうですが…シングルローター育ちとしては、せめて可変ピッチにしたいですよねぇ。

2015年6月16日

近況とか HCP100Sかいました・・・が・・・

えーと、年末から春にかけて転職をすることになって、あたふたと忙しくてヘリをいじれない日々が続いていました。
そして、春からの新職場はゆるーい勤務体系…と思っていたのに、入ってみたら貧乏ひまなし状態でとにかくきっつい。。。


さらに不幸なことに、場所の関係で実家から通うことになったので、野田の貝塚飛行場に行けなくなってしまい、まったく飛ばす場所がありません。。

一応ふつうの公園は実家の前にもあるんですが、このご時勢に公園でヘリを飛ばすのは通報されそうでやりづらい・・・。へたに目の前ってのもありますしねぇ。


というわけで、遠くに遊びに行ったときに数ヶ月に一度飛ばす程度しかフライトできていません。



しかし何も変わったことが無いとおもしろくない、ということで、国内で普通に買えるようになったHCP100Sを買ってみました。

もともとHCP100のむりやり2S化ですらけっこう楽しく飛ばせているのと、クマー隊長のレビューで高評価だったというのが決め手です。



実際には5月に買って一度も飛ばすチャンスが無いまま、先日たまたま野田に行く機会があったので貝塚飛行場に寄って初フライトしてきたのですが…

・けっこうふらふらする
・ロールレートひくっ!

というのはウデが足りないだけなので置いといても、ラダーがなんかおかしい! 背面バックのサークルがまるでできません!!?

2015年1月1日

飛ばし納めV922 2S

もう新年ですが、大晦日になんとか飛ばし納めができました。
12月は本当に時間がなくて、ヘリも特に大きな改造無しに淡々と飛ばすだけでした。

弱めですが風が出ていたので、今回まあまあ良く飛んだのは2S化したV922でした。
ブレードが緑なので、キャノピーもGeniusFP用の緑にしてみました
テールモーターはHP03Tで行くことにして、全体的にジャイロのゲインが2Sパワーに合っていないので、なんとかテールブームの長さで調整します。ちなみにBLHeliのテールゲインは最弱にしてあります。V922の場合それでも強くてワグが出ます。

ということで、暫定処置ですが二段式ブームにして、2本のロッドをセロテープ固定することで長さを変更できるようにしてあります。

これは良いです。重量増もそんなに無いので、見栄えを気にしないなら常にこれでもいいかも。


フライトはこんな感じ。

慣れてなくてぜんぜん操れてませんが、1分30秒あたりのチクの速度は手持ちの他の機体じゃ出せないのでなかなか良いと思います。人間が追いついてくれば楽しめそう。

テールワグは、音を聞く限りは毎秒5回くらいの周波数でけっこう残ってます。ただ飛ばしていて目視でテール揺れが気になるほどでは無いし、微風なら背面バックサークルでくるんと過回転することも無いので実害無い程度にはなってると思います。ちょうどnobさんのテールモーターV120と同じ程度かもしれません。

もう少しだけブームを短くして、テール負けとの間の妥協点を探せばさらに減らせるかもしれませんがまあ今のままでもいいかも。
テール以外には、大ピッチを入れたときのスワッシュ方向の暴れがひどいので、ピッチ範囲やメインブレードの種類ももう少し煮詰めたら良くなりそうです。


あちこちでHCP100Sのレビューが出始めていますが、ビデオを見る限りだいたいこの2Sバージョンと同じ様な飛びかなぁ、と思います。
ワグとピル補正の点はあちらが上でしょうし、バッテリーまで付いて$100ですからまあ改造するよりは買ってしまうのが良いかなーと思います。

2014年12月10日

130Xで地味練アウトドア 背面サークル

最近は背面ピルエットだけだとあまり練習にならなくなってきて、背面サークルを少し始めています。

四角を描くように、止めたり動かしたりを繰り返すほうがさらに難しいとは思うんですがまあその前段階ということで。
背面フォワード旋回は、できるときもあるんですが途中で止まっちゃうことが多い。
背面バックは無風ならなんとかまあまあだけど、どっちの回転でも同じくらい速く回れるようになりたいです。

この日はたまたま無風だったので他の機体も飛ばせましたが、最近は冬で風が出てる日が多いのでそういうときは130Xじゃないとひっくり返すのも危なくてろくに練習できません。

おっことすとプラもぽきぽき折れるし、冬はある程度上手くないと楽しめない季節ですねー。。

2014年12月7日

V922 / HCP100 2Sフライト テールモーター交換でワグ低減

前回はワグだらけでひどかったV922の2S機に、なんとなくmultiWiiCPの2S機↓からテールブームを移植してみました。
やたら長いテールブームと、HP03Tの9000Kv?くらいです

特に深い意図はなく、単にワグの程度の違いを見たかっただけなんですが、これであっさりワグがおさまってしまいました。

フライトは風が強めで、いくらパワーがあっても軽い100サイズ機にはいまいちでした。
最後はスワッシュが上下にすっぽ抜けてへなへなっと墜落。
スワッシュの内側がぽろっと抜けてます。よくある。
接着するか、挿入後に少し半田ごてで下端を潰せばOKです
さすがV922だけあってほぼノーダメージだったので、スワッシュを接着して無事復活です。
フライトの感触は短時間すぎてなんとも言えませんが、とにかくパワーはありますねー。

2014年12月4日

国内ショップからV977登場

RCヘリワールドさんでついにV977を扱い始めました。

http://www.rc-heli-world.com/products/detail2258.html


先月のRC FANを立ち読みしてたら広告が載っていておぉ!と思ったのですが、通販ページには無かったので業者名を見間違えたかなぁ、と思っていました。

今日見たらちゃんと機体もパーツも載っているのでひと安心。


カスタマイズできない残念送信機に郵便マークのシールが貼られているかは不明ですが、試験してアウトになるようなものなら絶対扱わないと思うので、ある程度安心して購入できそうです。

V922 / HCP100 2S テストフライト

先日こさえたV922の2S機をテストしました。

ひっどいテールワグです。以前もV922基板をいろんなとこに流用しようとして何度か試したのですが、その時もとにかくワグがひどかったことを覚えています。

安定度、姿勢保持力はかなり良いので、ジャイロのテールゲインさえ下げられればかなり良いヘリになると思うのですが残念です。

むしろBLHeliのテールESCゲインを最弱まで下げているのですが、これはジャイロ側で下げるのと違って単にESCへの指令入力を0.x倍に小さくする機能なので、ゲインを下げるとテールモーターの最大推力も下がってしまいます。ほんと残念です。

メインモーターはダメ認定していたAEOのC05XL-8000にしては意外にパワフルです。
でもまあ、ワグがひどいせいもありますが現状では総合力として1SのV922の方がずっと良いです。