2013年4月29日

V911にSoloPro127の9t ピニオン

マイクロヘリ入門以来、はじめて秋葉原に行ってきました。
スーパーラジコンやらRCチャンプやらに行ってみて、ちびっとはwalkeraも置いてあることに感動してきました。HubsanX4なんて、認可モデルが4900円でごろごろ積まれてるのでもう輸入する必要はありません。
基本的にbladeとnine eagleのパーツなら山ほどあるので流用意欲が沸いてきます。

そんな時目が止まったのがSoloPro127(バーレスFP機)のメインモーター(NE400269)とメインギア。

メインギアは明らかにV911と同じサイズなんですが、モーター側のピニオンを数えるとなんと歯が9枚あります!

ちなみに純正ピニオンの歯数は

  • V911/Y911/Helios100は7t
  • Blade mSR/GW9958は8t
  • SoloPro127は9t

となっています。

V911と9958を両方持っている人ならご存知だと思いますが、この1枚の差で9958の方が静かで振動も少ないです。しかもパワーも決して負けてない。


というわけで、買ってきて比較!
左から純正7t、ヘリモンさんで単品売りしてる8t、
モーター付きのが今回買った9t


7tと8tは無理やり付けちゃってもそんなに違和感ないですが、さすがに9tはピニオンの径が違うのでそのままじゃバックラッシュが無くてきつすぎです。

つーわけでフレームをカット!  モーターホルダとメインマストの間をつなぐ2本のうち、下側をニッパーで適当に切ります。


んで、少し広げた状態でうまいことスキッドで固定したいのですが、当然ながら上を広げた分スキッドをネジ止めする部分がそのままじゃ合いません。

てわけで、半田ごてで融かしながらフレーム側の丸パイプを前方に折り曲げます。汚くてすんません。。


さて、ネジ止めして仮飛行の感じで、バックラッシュは問題無さそうなのでスラストを計りました。

この機体は電池をwalkeraコネクタにして300mAhとか使ってるのでもともと少し多めに出ますが、

  • 純正7tピニオンでスラスト55g、
  • ヘリモン8tピニオンで57g
  • SoloProモーター+9tピニオンで64g

というすばらしい結果が出ました。箱だしGW9958は57gだったとゆー結果もV911で再現されてますね。

しかもこれ、連続測定したので8tや9tの結果はフル充電直後ではないです。だいたいフル充電直後だとさらに10%くらい多めに出ます。


さて、これだとヘリオスモーター付けたときと感動が変わらないので、ギア比が落ちた効果を生かすため、ブレードの負荷を減らしてヘッドスピードを上げる実験をしてみます。

ぼろくなった中古ブレードをハサミで適当にこんなかんじにカット…
ま、まあバーレス機のブレードを流用すればもっとかっこよく細いブレードがありますけどね。

テールローターは逆に回転を下げて静かにしたいので、余ってたSuperCPの部品をポン付けで交換してあります。


これを飛ばすと、音がかっこいいのなんの! ぶおーんという風切り音がホバってるだけで響いて、気分はもうCP機です。

飛行性能もきわめて高く、固定ピッチなのにかなりの急上昇が可能です。なんでやねん、と思って再度フレッシュバッテリーでスラスト計測をすると

あっはっは、笑いが止まらない。ついにヘタったSuperCPのスラストに追いつきました。
今回は面倒でSoloProのモーターをそのまま使ってますが、どう見たって同じサイズなので、せいぜいヘリオスモーターくらいの代物だと思います。純正モーターでも9t化は効果あると思いますよん。

Walkeraの240mAhバッテリーで、フライトは9~10分です。以前は200mAhの棒バッテリーで8分くらいだったからまあお互い妥当な感じ。


パワーアップで心配なモーターの発熱ですが、フライト直後でメイン側は一切問題なし。常温です。
テール側は元々ある程度熱を持ってましたが、特に純正状態と比べて熱いということはありません。なによりテールローター交換でとても静かになりました。



さらに、ヘッドスピードを計測してみました。

計測のやりかたはいろいろ皆さん工夫してると思いますが、うちのデジカメはEXILIMのFC100なので、1000fps録画が可能です。

video

つーわけで、ただ撮って、1000fps記録→30fps再生の動画を見て数えるだけ。

  • 7tピニオンと純正ブレードで2778rpm
  • SoloProモーター+9tピニオンと純正ブレードで3227rpm
  • SoloProモーター+9tピニオンとカットブレードで3448rpm
となりました。とにかく音がいいですよー。

追記:
0.3mmピッチの9tと10tのピニオンはextremeからも出てるみたいです。
http://flightdesign.jp/5_558.html で単品販売も買えますねー。


2 件のコメント:

  1. やっぱり9958が静かだったのはギアの違いだったんですね。
    納得。

    しかし、連休とはいえ凄い時間まで遊んでますね!!

    返信削除
    返信
    1. しかし9tならもっと静かになるか!と思ったらそうでもないです。
      あと、V911はギアを静かにしてもキャノピーのビビリ音がものすごい。SuperCPのキャノピー付けて飛んでみたらちょー静かでした。

      もーねむねむでarduinoパーツ買ってきたのに組んですらいないですよー。

      削除